スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の秋

三連休の初日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
奈良に?京都に?お出かけには気持ちいいシーズンですね。

そして、読書の秋。
谷口雅美さん(ペンネーム)がシャラプレマでヨガを始められてから、かれこれ数年が経ちますが、彼女が作家さんだったと教えてくださったのは、数ヶ月前のことでした。


411M8AzPEwL__SL500_AA300_.jpg
「99のなみだ・光」
涙がこころを癒す短編小説集
               2010年4月発行

◆「寒い夜のピザ」 (原案:甲木千絵さん)

小説:谷口雅美

バイト先のおばさんと「僕」のものがたり。

◆「さよなら、サンタさん」

原案・小説:谷口雅美

孫娘にプレゼントを贈ることを楽しみにしていた老夫婦のものがたり

商品の詳細をみる
41Jc42BnY32BL__SL500_AA300_.jpg
「99のなみだ・月」
涙がこころを癒す短編小説集
              2009年12月発行

「ため息」

原案・小説:谷口雅美

不妊治療に悩む女性のものがたり



商品の詳細をみる


14146IyEcqWL__SL500_AA300_.jpg
「99のなみだ・友」
涙がこころを癒す短編小説集
2011年8月発行

「送辞」

原案・小説:谷口雅美

中学受験を控えた沙里は別居中の父親に帰ってくる日を楽しみにしている。
いつか元の家族に戻れると信じていたが……。

「泣き虫」

原案・小説:谷口雅美

大地は妹の結婚式を前に、亡くなった両親に思いを馳せる。当時、両親を恋しがって泣く妹とは対照的に、大地は泣くことができなかった。

商品の詳細をみる

などなど・・・

他にもたくさん執筆されています。
詳しくは谷口雅美さんのブログ「晴耕雨読。」をご覧下さい。

「寒い日のピザ」・・・大都会の寒さ、冷めた若者のこころ、おばさんの母性、アッツアツのピザ。対照的な温度感が楽しめました。

「さよなら、サンタさん」・・・一つこころの壁を取っ払うことで、周りのみんなが笑顔になれる。倫子の勇気に拍手したくなりました。

「ため息」・・・一見、対称的な圭子とおばあちゃん。でも、二人だから深く共感できる共通点を知る。「おばあちゃん、おばあちゃんありがとう~」あの曲がふっと頭に浮かんだ。

秋の夜長のおともにどうぞ。


シャラプレマのHPはこちら





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。