スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不眠症」に悩む生徒さんの体験談

不眠症でお悩みの方からご相談を受けました。
以下、体験談を寄せ下さいましたのでご紹介させていただきます。


「鼻の先に神経を集中させ,呼吸を意識する」

と先生から言われ,そのまま実行しました.

ただそれだけのことなのですが,言われたその晩から

効果覿面,年齢を重ねますと,どうしても2・3度

目を覚ますことが多いのですが,寝付きにくい

ということがなくなりました.

寝付けないときは,1・2時間,思考が止まらず

どんどん体が熱くなって,寝付けないことがあるのですが,

この1週間,そういう状態から抜け出ることができました.

血液型がA型のせいでしょうか,神経質でもないのですが,

ものを考えるのが好きで,思考が停止しにくい性分です.

呼吸に意識を集中させますと,思考が停止するのです.

人間,二つのことを同時に実行することができない訳で,

呼吸を意識することで,思考が止まります.

というか,思考する回路と,呼吸を意識する回路が一緒で

一つの回路で同時に二つのことができないのです.

ただ,呼吸を意識し続けるにはエネルギーを使いますので,

当然,脳がサボろうとして,つい思考回路が働いたりも

しますが,それに気づいたら,また呼吸を意識する

ということを繰り返します.

「鼻の先に神経を集中させ,呼吸を意識する」のアドバイスが素晴らしかったのでしょう!

的を得た簡潔明快なアドバイスです.実行しましたら,すぐその晩から成功しました.

繰り返しますが, 一つの回路で同時に二つのことができないということですね.

余談になるかも知れませんが,人間に限らず,

コンピューターだって,同時に二つのことはできません.

時分割(タイムシェアリング)であたかも複数の作業を

一見,同時にしているように見えるだけなのです.

並列処理という考えもありますが,コンピューターが

いっぱい並んでいるようなものですね.同時に複数のことができたら

それは,神様の領域ですね.今更に人で良かったと思います.

以上


「呼吸に意識を向ける」

ただこれだけですが、何と難しいこと。刺激(思考、想像、妄想、記憶など)に向けて、磁石のように引っ張られるのが意識の習性です。
それを早速不眠改善に活かせたことは、すばらしいです。
貴重な気づきの体験談、有難うございました。

4364591738_7ed37b0c92_m.jpg


■ シャラプレマのHPはこちら
■ シャラプレマfacebookファンページはこちら


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。